副業で開業した理由

こんにちは!
キットカットです。

この度2021年2月に副業で開業届を提出し、無事に開業することができました!なぜこのタイミングで開業届をだしたのか、お話していきます。

キットカットのアイコン画像キットカット

将来、開業届を出したい、起業したいと考えている方の参考になればと思います。

目次

自分のビジネスを持ちたかったから

開業した根本的な理由は自分の想いがあると思います。

私は学生の時からぼんやり「自分のビジネスをやりたい」と思っていました。理由は多分、他人のルールに縛られて生きていきたくないからです。社会人になって働くようになってもその想いは抜けませんでした。会社にとって所詮従業員は働く駒なんだなぁと思う場面があり、結局自分を守るのは自分しかいないと思いました。

今までプログラミングやポイントサイト、株、ブログなど様々はジャンルの副業に挑戦しましたが、一番上手く続けられたのがせどりでした。1年前の自分はせどりで開業するとは思っていませんでしたが、長年の密かな夢を叶えられて良かったです。

キットカットのアイコン画像キットカット

副業一本でやっていく売上もないので、本業と二足の草鞋になりますが、今はこれでいいかなと思っています。

せどりの利益が2021年で50万を超える予定のため

昨年2020年5月からせどりを始め、毎月利益を順調に増やすことに成功しております。最初はお試しのつもりで始め、月7000円ほどの利益だったせどりも、12月には月の利益が5万となりました。2020年の利益は17万となりました。

2021年は出産のため2カ月間お休みを挟む予定で、10カ月で毎月5万の利益が出続ければ、50万の利益になります。

会社員は副業で得た利益(雑所得)が20万を超えると確定申告をする必要がありますので、余計に税金がかかります。売上見込みが20万を超えるため、節税をしようと考えました。

節税のため

開業すると65万まで節税することができます。具体的には青色申告で控除がききます。

控除とはざっくりいうといただいたお金の額から一定の金額を差し引いたものになります。控除には色々なものがあり、ふるさと納税で利用できる寄付金控除や、家族を養っていれば使える扶養控除など14種類の控除があります。

青色申告を受けるには

青色申告を受けられるには下記の条件が必要です。

(1) 不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいること。
(2) これらの所得に係る取引を正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳していること。
(3) (2)の記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を確定申告書に添付し、この控除の適用を受ける金額を記載して、法定申告期限内に提出すること。(国税庁ホームページより抜粋)

つまり、青色申告は開業届を出し、複式簿記で貸借対照表及び損益計算書を記帳すれば利用できます。青色申告を使うためには開業届を出す必要がありますので、今回開業届を出そうと思いました。

キットカットのアイコン画像キットカット

所得というのはとても重要で住民税や所得税が決まります。所得が低ければ低いほど課税されないのです。青色申告で所得を低くすることで課税が減ります。

青色申告で申請できるもの

青色申告では下記のようなものが経費で落とせます。

  1. 通信費…インターネット回線費や切手代
  2. 接待交際費…取引先への接待交際費
  3. 広告宣伝費…チラシやネット広告
  4. 租税公課…固定資産税、事業税、自動車税
  5. 損害保険料…火災保険
  6. 福利厚生…従業員への見舞金や慰安旅行
  7. 利子割引料…借り入れの利息
  8. 貸倒金…回収できなかった売上金
  9. 外注工賃…外部委託費用

私が今回使うのは①の通信費(インターネットや携帯電話代)が主になるかと思います。また、今住んでいる家の一部を倉庫として利用しておりますので、住居費も控除に入れることが可能です。

キットカットのアイコン画像キットカット

ここら辺はこれから勉強していくよ!

開業届は事業開始から1ヵ月以内のため

開業届は事業開始から1ヵ月以内に出さなければいけないルールがあります。2021年が始まってから約1ヵ月ですので2月に開業届を出せば1月から開業したことになります。時期的に区切りがいいなと思い、今回、開業届を出すことにしました。

開業届が簡単そうだった

年が明けてTwitterで開業届を提出するフォローワーさんが何人かいらっしゃり、「意外と簡単だった」とつぶやいていました。どんなものかと興味を持って調べてみたところ、必要書類も少なく、意外と簡単にできることがわかりました。私でもできそう、と思いました。

必要書類

  1. 開業届+開業届控え
  2. 身分証明書
  3. 青色申告承認申請書

国税庁からダウンロード可能 開業届
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm
青色申告承認申請書
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

また、提出方法を色々あり、そこまで手間なものはなさそうです。

  • 近くの税務署
  • 郵送
  • インターネット(e-Tax)
  • 会計アプリのfreee
キットカットのアイコン画像キットカット

私はせっかくなので近くの税務署に行って申請しました。書類に不備もなく1分であっさり終わりました!

開業のデメリット

開業はメリットだけではありません。デメリットもちろんあります。

失業保険がもらえない

開業をすると失業の状態とはみなされなくなり、失業保険がもらえなくなります。副業より会社員の収入が多い人は失業するともらえるはずだった失業保険がもらえなくなり生活が苦しくなってしまいます。今後の会社の持続性などを鑑みながら開業届をだしましょう。

帳簿をつける必要がある

青色申告の場合は複式簿記で7年間のデータを保存する必要があります。7年間分の領収書などの書類を保存しておく必要がありますので、捨てないようにしましょう。

キットカットのアイコン画像キットカット

実は簿記は全くの無知なので会計ソフトを利用検討しています。何をどうするつけるのかまったく無知なので、これから勉強していきます。

まとめ

以前から自分のビジネスをしたい意思があり、今回せどりが少し軌道に乗り、開業届を出すことに至りました。
節税などのメリットがある反面、もしもの時失業保険がもらえなかったり、今後やることが増えるデメリットもあります。

ただ、一つ言えることは開業したことでなんだか私はワクワクしています

キットカットのアイコン画像キットカット

これから、上手くいかないことや楽しいことがあるかと思いますが精いっぱい頑張っていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
キットカット

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代、共働き、子供2人のキットカットです。
昔からお金に興味があり今まで実践してた節約や副業、実際の家計簿などを発信しています。
・手取り16万(2021年5月から育休で手取0円)
・米国株配当毎月18ドル
・過去最高の副業月収は6.7万
会社以外の収入で少しだけ豊かな生活を目指しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる