電気代があがった原因と節約する方法

こんにちは!キットカットです。
我が家では電気代が著しく上がりました。昨年2021年2月と比較して3倍となり衝撃を受けています。

なぜこんなにも衝撃的に電気代が上がったのか、節電するためにはどうすればいいのか見ていきましょう。

目次

去年と比較してどれくらい上がったのか

下記が2021年と2022年の2月の電気料金と使用料です。

使用料料金
2021年2月263kWh6,392円
2022年2月552kWh18,830円

使用料が約2.1倍、料金が約3倍となっています。

キットカット

2万っていい宿に一泊できちゃう値段だよ!

電気代があがった原因

その1:寒い冬だったため例年よりも電気使用量が増えた

2021年冬はラニーニャ現象のため平年よりも気温が低くなりました。私が住んでいる関東地方でも昨年よりも気温が低くなり、電気使用量が増えました。

そしてエアコンをつけている時間が長くなりました。

その2:燃料費調整額や再エネ発電促進賦課金が上がった

請求書を昨年のものと比較すると燃料費調整額や再エネ発電促進賦課金が上がったことがわかります。

燃料費調整額(単価/円)再エネ発電促進賦課金(単価/円)
2021年2月-5.12円2.98円
2022年2月0.74円3.36円

単純に300kWhを利用した場合、燃料費調整額と再エネ発電促進賦課金で昨年は-642円、今年は1230円と1872円分の開きがあります。

キットカット

燃料費調整額は発電するための燃料費です。燃料の価格が反映されるのは3~5ヵ月後なので、天然ガスや石油の価格が上がっている今、夏ごろが恐ろしいですね…

その3:一軒家に引っ越しをし気密性が悪くなったため電気使用量が増えた

昨年末にマンションから一軒家に引っ越しをしたため家の気密性が下がりました。体感としてもエアコンの効きが悪く感じたり、エアコンを切るとすぐに部屋が冷えます…底冷えでスリッパが手放せません。

キットカット

噂には聞いてたけど一軒家がこんなに寒いなんて知らなかった…

その4:家族が増えて洗濯機の使用回数が多くなった

2021年6月頃に次女を出産したため、4人家族になりました。家族が増えると洗濯物も増える!以前は洗濯は2日に1、2回でしたが、今は1日1回必ず回します!

キットカット

家族が増えると洗い物も増えるのね。水道代も並行して高くなっています…

電気代を安くする方法

現在、電気代を安くするべくやっている工夫をご紹介します!

1:エアコンをなるべく使わない

一般家庭の場合、電気使用量の中でエアコンの占める割合は冬場だと約30%、夏場だと約60%です。(経済産業省資源エネルギー庁Webサイトより)
1番消費電力が必要なエアコンの利用料を減らしましょう。温度を1度下げたり、夜中の就寝時を使わないようにしています。

また、日中お出かけをしてエアコンを使わない手もあります。

キットカット

我が家も赤子がいるので24時間つけっぱなしでしたが、夜中に4歳長女が布団をはがしているのを見て、寝る前の1時間と明け方の一番寒い時間帯のみつけるようにしました。
とはいえ、エアコンを我慢しすぎると体調を崩す可能性もあるのでほどほどに!

キットカット

春秋などエアコンを切っておける季節は電源を抜いて待機電力を少なくしています。

2:給湯器は使わない時は切る

給湯器は電気使用量のうち2割を占めているといわれています。実際に我が家で給湯器を切ったら使用電力量が少し減りました。

下記が給湯器の電源が付いている状態です。夜中に1時間に0.1kWh使用しているのがわかります。

下記が夜中に給湯器の電源をオフにしている場合です。夜中の電力使用量が半分ほどに減りました。

キットカット

そういえば実家でも給湯器の電源は使わない時はオフにしてました。

3:体温を自分で調整する工夫をする

外からエアコンなどであたためるのもいいですが、中から体を温めることもできます。朝一番にあったかい飲みもを飲んだり、晩御飯にあったかい汁物をプラスするだけでも違います。

また、軽いストレッチや運動をして新陳代謝を上げるのも有効だと思います。
運動が苦手な方はシャワーではなくお風呂に入ると温かさが持続しますよ。

夏には冷たいものを飲んだり、より電気代がかからない扇風機を使うのもいいでしょう。

4:電気製品をなるべく長時間使わない

電気ポットでお湯を沸かした後はそのまま沸かしっぱなしにしていませんか?もし、水筒があればすぐにお湯を移し替えると夕方まで持ち、何度も沸かさなくてよくなり節電になります。

キットカット

とくに我が家は赤ちゃんのために必ず3回、朝のあったかい飲み物で1回はお湯を沸かすので4回沸かしていたのが1回になり節電になりました。

また、ドライヤーなど消費電力が多いので、しっかり髪を拭いてから乾かすといいです。

5:安い電力会社に移行する

今は電力の自由化で安い電力会社が沢山あります。ガスとのセット割もあるので、何が安いか色々調べて移行するとよいと思います。

キットカット

引っ越してからなぜか業者用プランになってしまったので、良い電力会社がないか検討中です。ちなみに楽天でんきがポイント払いできるので楽天好きな人はおすすめです。楽天でんきの比較記事は下記からどうぞ。

キットカット

追記1:器具の取り換えなどが必要なため業者用プランから変更ができませんでした…残念。我が家はこのままのプランで行くこととなりました。

キットカット

追記2:電力会社も値上げするとのことでどこも厳しい状態ですね…

結果

電気の使い方の見直しをして電気代がが1.8万から1.2万に減りました!4月分請求分に関してはそれ以上に効果が見込めました!

キットカット

まぁまぁ電気代が安くなりました!ただ、一軒家に引っ越してから夜中の謎の待機電力があるのでそこはこれからも原因を突き止めて改善していきたいです。

まとめ

2022年2月は電気料金が例年よりも高くなってしまいました。燃料費調整額や再エネ発電促進賦課金が上がったなどの原因がありました。また我が家やマンションから一軒家への引っ越し、ひいては家族が増えることによって洗濯回数も増えたという結果に落ち着きました。

また、電気代を安くする対策にて電気使用量と電気代を下げることができました。

電気料金は大事なインフラなのでなくすことはできませんが、節電と電気会社などの見直して賢く家計を回していきたいですね。

キットカット

今後ますます上がっていきそうなので少しでも節電したいですね!

ここまでお読みいただきありがとうございます。

キットカット

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代、共働き、子供2人のキットカットです。
昔からお金に興味があり今まで実践してた節約や副業、実際の家計簿などを発信しています。
・手取り16万
・年間配当は税引前10万円!
・過去最高の副業月収は6.7万
副業で収入を得て少しだけ豊かな生活を目指しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる